2020 Winter Term
MCC105 Theories of Human Communication
ヒューマン・コミュニケーション原論
  Language of Instruction: J
  青沼 智 (AONUMA, Satoru)


CREDIT (単位): 3
Period(s)
時限数
Lec.(講義) Sem.(演習) Lab.(実験実習) Exe.(実技) Intensive(集中講義)
3         
Description(概要)
This course covers various concepts and theories of communication studies. It examines how they are embedded in our everyday life.

コミュニケーション学に関するさまざまな概念や理論を概観し、それらが私たちの日常とどのような関係にあるのかを検討する。


Important Notes: For Winter 2020/1, all the instructions (lectures, "discussions," exams, etc.) are given online. All the registered students participate in class activities “real time” using Zoom. Materials and other functionalities on Moodle will also be utilized.

https://moodle3.icu.ac.jp/course/view.php?id=3203

A more detailed syllabus and class sked (including how to access Zoom meeting, etc.) will be posted on Moodle by 12/4.

The main purpose of this class is to survey various concepts and theories of communication from an everyday vantage point. We will primarily consider the nature of communication from a relational perspective and examine some concrete and specific everyday communicative phenomena. In order to stimulate classroom discussion and promote student-centered active learning, we adopt some innovative instructional methodologies and strategies (e.g., collaborative learning and writing, group presentation, flip teaching, etc.).

注意:2020年度については、科目指導のすべてをオンラインで行う。すべての学生がリモートで、Zoomを通じリアルタイムに授業参加する。またMoodle上にアップロードされた資料やフォーラム等も活用する。

https://moodle3.icu.ac.jp/course/view.php?id=3203

より詳しいシラバス(ズームミーティングへのアクセス方法等含む)はMoodle上に12/4までにアップロードする予定である。

このクラスの主な目的は、コミュニケーションに関するさまざまな概念や理論を「日常」の観点より概観することである。コミュニケーションとは他者との関係性であるという考え方の下、具体的な場における問題をコミュニケーション学的観点から多面的に考えていく。協働学修、反転授業など、アクティブラーニングの手法も積極的に取り入れる予定である。

 
Learning Goals(学習目標)
1.To gain knowledge about various concepts and theories in communication studies. 
2.To analyze concrete phenomena from wider perspectives of communication.


1. コミュニケーションに関するさまざまな概念や理論への理解を深める。
2. 具体的な場における問題をコミュニケーション学的観点から多面的に考える力を養う。


 
Contents(内容)
* Subject to change depending on size of class and its character

Week1 Orientation
Week2 Communication and power
Week3 Communication and mediation
Week4 Communication and identity
Week5 Communication and culture
Week6 Communication, signs, and symbols; Mid-term exam
Week7 Communication and education
Week8 Communication and social theory (1)
Week9 Communication and social theory (2)
Week10 Wrap-up; Final exam


*以下はあくまでも予定
Week1 オリエンテーション
Week2 コミュニケーションという力
Week3 コミュニケーションとメディア
Week4 コミュニケーションとアイデンティティ
Week5 コミュニケーションと文化
Week6 コミュニケーションと記号、中間試験
Week7 コミュニケーションと教育
Week8 コミュニケーションと社会理論(1)
Week9 コミュニケーションと社会理論(2)
Week10 まとめ、期末試験


 
Language of Instruction(教授言語の詳細)
Lecture: Mainly in Japanese (but negotiable)
Readings/Materials: Mainly Japanese materials
Tests/Quizzes/Assignments: Mainly in Japanese
Discussions/Presentations/Other learning activities: Mainly Japanese; English is allowed
----
Communication with the instructor: Japanese and English

 
Grading Policy(成績評価基準)
1)中間試験(オンライン):20%
2)期末試験(オンライン):40%
3)積極的クラス参加(オンラインコメント・リアクション・ディスカッションなど):40%


 
Expected study hour outside class(授業時間外学習)
210 minutes per week.

 
References(参考文献)
使用する教科書:板場・池田(編著)『よくわかるコミュニケーション学』(ミネルヴァ書房)(学内三省堂等で各自購入のこと)

 
Notes(注意事項)
このクラスは出席を重視する。クラスで行われる様々な活動は、全て試験の範囲となりうる。クラス内で行われる様々な活動や試験のメークアップは原則として行わない。

 
Schedule(スケジュール)
4/M,4/W,4/F

 
URL