2020 Winter Term
CHM231 Organic Chemistry I
有機化学 I
  Language of Instruction: J
  小林 潤司 (KOBAYASHI, Junji)


CREDIT (単位): 2
Period(s)
時限数
Lec.(講義) Sem.(演習) Lab.(実験実習) Exe.(実技) Intensive(集中講義)
2         
Description(概要)
This course deals with the relationship between the structures of organic compounds and their physical properties as well as their chemical reactivity and also covers the rules determining the reactivity and reaction mechanism.

有機化合物の構造と物理的性質、反応性との関係を学ぶ。また、反応性を決定する法則性と反応機構を学ぶ。


This course deals with the relationship between the structures of organic compounds and their physical properties as well as their chemical reactivity and also covers the rules determining the reactivity and reaction mechanism.

化学とは物質を扱う学問であり、その中でも有機化学は有機化合物を対象としている。有機化合物が自然や我々の生活の周辺で果たす役割は大きく、例えば生命体を構成し生命活動を維持する機能物質として、また近年急速に発達を遂げている電子製品を構成する機能性物質として活用されている。有機化学ではこのような有機化合物の構造,性質,反応を学ぶ。有機化学の知識は,複雑な物質系である自然のしくみを知るために役立つ。また,多様な工業製品,医薬品などを開発・製造に必要不可欠である。
 すなわち,有機化学は化学の主要な柱の一つであるだけでなく,工学・生物学・農学・環境科学・医学を学ぶためにも必要な学問である。有機化学Iでは有機化合物の構造と反応の基礎を分子軌道的概念と絡めて学ぶ。また、有機化学IIでは各物質の性質を,有機化学IIIでは生体物質の化学を扱う。有機化学I-III全体で大学で学ぶべき基礎有機化学をカバーする。
 有機化学Iでは有機化学で使用する基礎的な概念や考え方を学ぶため、今後、有機化学IIおよびIIIを履修しようと考えている学生には有機化学Iを履修することを強く推奨する。

今学期の本授業はオンライン授業(非同期型、オンデマンドタイプ)で行います。
Moodle上に授業動画をアップロードしますので、定められた期日までにそちらの動画を視聴し、
確認問題を提出することで授業出席とします。
それ以外に、中間試験、期末試験を予定しています。
授業の初回のみ、リアルタイムでZoomでオリエンテーションを行います。本授業受講希望者はZoom授業に参加してください。
Zoomのリンクは本シラバス最下部に記載してあります。

 
Learning Goals(学習目標)
The properties and reactivities of organic compounds are derived from atoms and electrons. Since properties of atom and behavior of electrons are fundamental feature of organic chemistry, Molecular Orbital theory will be studied in this class from the viewpoint of organic chemistry. Upon the MO theory, stereochemistry and chemical reactivity of organic compounds will also be studied.

有機化合物の性質や反応性が、元素や電子によって引き起こされることを理解する。すなわち有機化学の根本は元素の性質と、電子の挙動にあることを理解し、そのために必要となる分子軌道法の概念についても有機化学的側面から学ぶ。その上で有機化合物の基礎的な構造や、反応性について学習する。

 
Contents(内容)
1:Basic concept of organic chemistry:chemical bond and molecular structure
2:representative organic compounds
MidExam 1
3:Nomencleature and conformation of organic compounds: Alkanes and cycloalkanes
4:Stereochemistry and chirality in organic chemistry
5:Basic concept of organic reactions: Acids and bases
MidExame 2
6:Nucleophilic substitution and elimination reaction: Haloalkanes
7:Addition reactor: Alkenes and alkynes
8:Radical reactions

1:有機化学の基礎:化学結合と分子構造
2:代表的な有機化合物
(中間試験1)
3:有機化合物の命名法と立体配座:アルカンとシクロアルカン
4:有機化合物における立体化学・キラリティ
5:有機化学反応序論:酸と塩基
(中間試験2)
6:求核置換反応と脱離反応:ハロゲン化アルキル
7:付加反応:アルケンとアルキン
8:ラジカル反応

 
Language of Instruction(教授言語の詳細)
Lecture:Japanese
Readings/Materials:Japanese and English
Tests/Quizzes/Assignments:Japanese and English
Discussions/Presentations/Other learning activities:Japanese and English
----
Communication with the instructor:Japanese and English

 
Grading Policy(成績評価基準)
成績は出席点,中間試験,期末試験を中心にし(30%:30%:40%), 課題提出の結果を考慮する.

 
Expected study hour outside class(授業時間外学習)
学生は、必須または推奨される読書、課題やその他学習活動に最低でも140分/週を費やすこと。
Students should spend at least 140 minutes/week on required or recommended reading, assignments, and other learning activities.

 
References(参考文献)
教科書として
・T. W. G. Solomons and C. B. Fryhle, "Organic Chemistry", 9th ed., 2007, John Wiley & Sons, 2007.
参考書として
・M. Smith and J. March, " March's Advanced Organic Chemistry: Reactions, Mechanisms, and Structure," 6th ed., 2007, Wiley-interscience
・M. Jones, Jr., "Organic Chemistry," 3rd ed., 2005, W. W. Norton & Co., Inc. (ジョーンズ、有機化学 上・下, 2006, 東京化学同人.)
・野依良治 他,「大学院講義 有機化学」I・II,1999,東京化学同人
・その他、書籍、雑誌などに掲載される総説などを参照する

 
Notes(注意事項)


 
Schedule(スケジュール)
1/W,1/F

 
URL