2019 Winter Term
GES046 S2: Service-Learning
S2:サービス・ラーニング
  Language of Instruction: E
  西村 幹子 (NISHIMURA, Mikiko)/横手 仁美 (YOKOTE, Hitomi)


CREDIT (単位): 3
Period(s)
時限数
Lec.(講義) Sem.(演習) Lab.(実験実習) Exe.(実技) Intensive(集中講義)
2  2       
Description(概要)
This course will introduce service-learning by lectures and give opportunities to engage in its process. Students will learn about,search and experience service activities in the local community or NPO followed by reflection and sharing. Language of instruction differs by term.

サービス活動を通して学ぶプロセスを講義と実際の活動から学ぶ。多様なサービス活動の実際に触れ、情報を収集する。地域コミュニティやNPOなどで活動し、その振り返りと共有を行う。学期によって、開講言語が異なる。


Service-Learning in a single phrase can be summarized as an educational program which "links classroom knowledge with community service guided by reflection." Behind this philosophy of learning is criticism against the traditional mode of teaching in higher education characterized by the one-way teaching style without promoting deep understanding, detachment of knowledge from action, utilitarian way of academic learning with no focus on social contribution.
This course aims to promote students' motivation for service activities, to grasp the deep meaning of learning at Liberal Arts College, to achieve a whole-personal development by service activities, and to nurture the attitudes and behaviors towards principles of service learning. This is an experiential learning course where students learn by lectures and service activities.
Students will be exposed to various activities in local communities and NPOs for 18 hours and reflect on their activities.

サービス・ラーニングのエッセンスは、「教室の知と現場でのサービス経験を、ふり返りを媒介に関連づける新しい教育プログラム」と要約できる。その背景には、理解の深化を助けない一方向の講義、行動に結びつかない頭だけの学習、社会貢献を促さない自己利益追及型の教育など、これまでの高等教育への深い反省と批判が横たわっている。
このコースでは、学生一人ひとりがサービス活動への意欲を高め、大学で学ぶことのより深い意味を実感し、サービス活動を生涯の成長の契機とすべく、サービス・ラーニングに関する基本的な考え方とそれに対する態度を育成する場を提供する。サービス活動を通して学ぶプロセスを講義と実際の活動から体験的に学ぶ。多様なサービス活動の実際に触れ、情報を収集する。地域コミュニティやNPOなどで18時間サービス活動をし、その振り返りと共有を行う。


 
Learning Goals(学習目標)
Students are expected to master the following.
1. Understand the concept of Service-Learning, its historical roots, and educational value.
2. Deepen understanding of actual examples of service activities in Japan and overseas.
3. Acquire appropriate attitudes towards service learning.
4. Understand the cycle of action and reflection by experiencing 18-hour service activities.

本コースを履修することによって学生が以下を身につけることを目指す。
(1)サービス・ラーニングの考え方・歴史・教育的意義への理解を深める。
(2)国内および海外での実例に触れ、サービス活動への理解を深める。
(3)サービス活動を行う上での心得を体得する。
(4)18時間のサービスを体験することにより、活動とリフレクションのサイクルを理解する。


 
Contents(内容)
The schedule of the course is as follows (Nishimura and Yokote will attend all sessions):
1.Introduction: What is Service-Learning?
2.Dialogue with the past participants in the Service-Learning
3.History of Service-Learning and its current standing
4.Preparation for Service-Learning
5.Reflection 1: Reflection on preparation and the process of service activities
6.Example of Service-Learning 1
7.Example of Service-Learning 2
8.Collaboration between university and local organizations for Service-Learning
9.Reflection 2: Students' presentation and reflection on service activities
10.Deconstruction and reconstruction of "service" activities

コーススケジュールは以下の通りである。なお、全てのセッションを西村と横手で担当する。
1.イントロダクション:サービスラーニングとは何か
2.サービス・ラーニング経験者との対話
3.サービス・ラーニングの歴史といま
4.サービス・ラーニングの準備
5.リフレクション①活動準備とプロセスの振り返り
6.サービス・ラーニングの事例①
7.サービス・ラーニングの事例②
8.サービスラーニングにおける大学と地域の連携
9.リフレクション②活動発表と振り返り
10.「サービス」活動の解剖と再構築

 
Language of Instruction(教授言語の詳細)
Lecture: Mainly English
Readings/Materials: Mainly English
Tests/Quizzes/Assignments: Mainly English.
Discussions/Presentations/Other learning activities: Mainly English, Japanese is allowed.
----
Communication with the instructor: Both Japanese and English are welcome.

講義:基本的に英語。
参考文献:基本的に英語、一部日本語もあり。
課題:基本的に英語。
ディスカッション・コミュニケーション:基本的に英語、一部日本語も可。
教員とのコミュニケーション:日英どちらでも可。


 
Grading Policy(成績評価基準)
Attendance and Participation 10%, Reflection Papers (Two) 40%, Group presentation 20%, Final Report 30%

出席および参加 10%、リフレクションペーパー(2回) 40%、グループ発表 20%、期末レポート 30%

 
Expected study hour outside class(授業時間外学習)
210 minutes per week.
Students are required to conduct service activities for 18 hours in total outside the class during the term.

 
References(参考文献)
TBA

 
Notes(注意事項)


 
Schedule(スケジュール)
5/TH,6/TH,(7/TH,8/TH)

 
URL