2020 Winter Term
GEH022 H1: The World of Literature (Gender and Literature)
H1:文学の世界(ジェンダーと文学)
  Language of Instruction: J
  生駒 夏美 (IKOMA, Natsumi)


CREDIT (単位): 3
Period(s)
時限数
Lec.(講義) Sem.(演習) Lab.(実験実習) Exe.(実技) Intensive(集中講義)
3         
Description(概要)
This course aims to examine a variety of literary representations of issues such as self, body and sexuality by applying contemporary literary theories, especially through the perspective of gender.

現代文学理論を使って、とりわけジェンダー的視点から、文学において表象されている自己、身体、セクシュアリティといった諸問題を検討する。


This course deals with issues of the representations of femininity, masculinity, the body, the self both in literature and cultural products, in relation to race, sexuality, and gender.
Students are invited to analyse latent imperialist, Orientalist, racist, sexist, homophobic contents in sugar-coated innocent-looking materials. Particularly we look at the famous story repeatedly narrated from generation to generation crossculturally.


文学作品や文化作品の中に現れる女性性、男性性、身体性、自己などの概念の表象を、人種、セクシュアリティ、ジェンダーの観点から分析し、一見無害なテクストに潜む帝国主義、オリエンタリズム、レイシズム、セクシズム、ホモフォビアなどを炙り出します。特に世代を超え、文化横断的に、繰り返し語り直されている有名な作品をとりあげます。

 
Learning Goals(学習目標)
The students will be able to learn how to analyse literary texts and films using theoretical knowledge on gender, sexuality, post-colonialism, etc.
They will learn how gender operates in narrative.

文学作品や映像作品をジェンダーやセクシュアリティ、ポストコロニアリズムなどについての理論的知識を用いて分析する方法を学びます。
語りにおいてジェンダーがどのように作用するかを学びます。

 
Contents(内容)
SUBJECT TO CHANGE.

Week 1 Introduction, "The Beauty and the Beast" Beaumont version, Villeneuve version
Week 2 Cocteau, La Belle et la Bete
Week 3 Disney, The Beauty and the Beast
Week 4 Angela Carter, The Tiger's Bride
Week 5 Madame Butterfly
Week 6 Long version
Week 7 Hwang, M-Butterfly
Week 8 Defoe, Robinson Crusoe
Week 9 Robinson Crusoe, Film
Week 10 Coetzee, Foe

We have 3 modules: Module 1 Beauty and the Beast Narrative, Module 2 Madame Butterfly Narrative, Module 3 Robinson Crusoe Narrative. You have writing assignments from time to time.

3つのモジュールがあります。適宜、課題を提出していただきます。詳細や順序については変更の可能性があります。

 
Language of Instruction(教授言語の詳細)
Lecture: Japanese
Readings/Materials: 英語と日本語 English and Japanese
Tests/Quizzes/Assignments: どちらでも回答できます English or Japanese
Discussions/Presentations/Other learning activities: English or Japanese
----
Communication with the instructor: English or Japanese

 
Grading Policy(成績評価基準)
授業参加 コメントシート 25%
課題提出 75%


 
Expected study hour outside class(授業時間外学習)
210 minutes per week.

 
References(参考文献)
授業で使用するテクスト(抜粋)は、Google Classroomにアップします。下記参照。

 
Notes(注意事項)
コメントシートにはその日の授業の内容に言及したコメントを必ず記載すること。剽窃には厳しく対処し、発覚したらFailとなります。
テクストを大量に読んでもらいます。英語のテクストも多いです。
読む気のない人、読めないと思う人は履修しないでください。文学の授業ですのでテクストを読むのは基本事項です。
課題テクスト、課題映像作品は、ディスカッションの授業の前に必ず目を通してください。

 
Schedule(スケジュール)
4/M,4/W,4/F

 
URL