日本語/ English
2008年度以降入学者用
哲学・宗教学

PHR105   J 3単位   第1学期  
東洋思想概論

中国における倫理思想について、歴史的、体系的に概説する。また、その研究方法、および現代における論題を考察する。
PHR106   J,E 3単位   第1学期  
哲学概論

哲学の歴史的な発展に即しつつ、その主要な課題、研究分野を概説する。また、多様な哲学的立場の検討を通じて、哲学的探求の成立の条件を考察する。
PHR107   E 3単位   第2学期   隔年開講
宗教学概論

宗教史,宗教人類学,宗教心理学,宗教社会学および宗教現象学にいたる宗教学史を検討しつつ,宗教の本質理解のための方法論を探求する。
PHR108   J 3単位   第3学期  
旧約聖書学概論

聖書の文学的構成および思想内容を順次検討する。Iは旧約聖書を,IIは新約聖書をあつかう。
PHR109   J,E 3単位   第2学期  
新約聖書学概論

聖書の文学的構成および思想内容を順次検討する。Iは旧約聖書を,IIは新約聖書をあつかう。
PHR112   J 3単位   第3学期  
倫理学概論

現代社会の諸問題を倫理学的観点から考察する。
PHR115   J,E 3単位   第3学期  
論理学

論理学の基礎を学び、正しい論理的思考に必要な知識と技術を習得する。
PHR211   J 3単位   第1学期   隔年開講
哲学講読:古代 I

原典講読を通じて,哲学研究のための必要かつ基礎的な訓練を与える。受講者は事前に担当教員に問い合わせること。
PHR212   J 3単位   第2学期   隔年開講
哲学講読:古代 II

原典講読を通じて,哲学研究のための必要かつ基礎的な訓練を与える。受講者は事前に担当教員に問い合わせること。
PHR213   E 3単位   第3学期   隔年開講
哲学講読:中世哲学

原典講読を通じて,哲学研究のための必要かつ基礎的な訓練を与える。受講者は事前に担当教員に問い合わせること。
PHR214   J 3単位   第1学期   隔年開講
哲学講読:近代経験主義哲学 I

原典講読を通じて,哲学研究のための必要かつ基礎的な訓練を与える。受講者は事前に担当教員に問い合わせること。
PHR215   J 3単位   第2学期  
哲学講読:近代経験主義哲学 II

原典講読を通じて,哲学研究のための必要かつ基礎的な訓練を与える。受講者は事前に担当教員に問い合わせること。
PHR216   J 3単位   第3学期  
哲学講読:近代観念論

原典講読を通じて,哲学研究のための必要かつ基礎的な訓練を与える。受講者は事前に担当教員に問い合わせること。
PHR219   J 3単位   第1学期   隔年開講
哲学講読:現代哲学

原典講読を通じて,哲学研究のための必要かつ基礎的な訓練を与える。受講者は事前に担当教員に問い合わせること。
PHR223   E 3単位   第1学期  
古代・中世哲学史

西洋の哲学思想の主な流れを批判的かつ総合的に研究する。I 古代・中世哲学,II 近代・現代哲学。
PHR224   J 3単位   第2学期  
前期近代哲学史

西洋の哲学思想の主な流れを批判的かつ総合的に研究する。I 古代・中世哲学,II 近代・現代哲学。
PHR225   J 3単位   第3学期  
新約ギリシア語

新約聖書原典講読を中心として新約ギリシア語および文献学を研究する。ギリシア語I-IIを既修のこと。
PHR226   J 3単位   第1学期  
旧約ヘブライ語

旧約聖書へブライ語文法および原典講読を中心として旧約聖書文献学を研究する。
PHR227   J 3単位   第1学期  
環境倫理と宗教

深刻な環境問題の中で生きる21世紀の私たちに、宗教は、地球環境についてどのように価値判断し、人間の行動選択に対してどのようなインスピレーションを与えているか。この授業では、環境に対する人間の生き方と関わり方を、キリスト教の視点から考察する。特に、聖書の語る環境倫理に焦点を合わせて授業を進めたい。
PHR228   J,E 3単位   第3学期  
後期近代哲学史

西洋の近現代哲学思想の主な流れを批判的かつ総合的に研究する。
PHR231   E 3単位   第2学期   隔年開講
旧約聖書の概観

旧約聖書学研究諸文書を検討し、旧約聖書学の諸主題について議論する。
PHR232   J 3単位   第3学期  
新約聖書学概観

新約聖書文書および新約神学思想,原始キリスト教および新約時代史を研究する。
PHR234   E 3単位   第1学期   隔年開講
仏教史

世界の主要宗教をとりあげ,その歴史的比較宗教学的考察を行う。
PHR235   E 3単位   第2学期   隔年開講
イスラム教史

イスラム教の歴史、教義、実践の考察を行う。
PHR236   J,E 3単位   第3学期  
宗教哲学

宗教哲学の立場から,神,人間,時間,歴史などの概念を検討する。
PHR237   J 3単位   第2学期   隔年開講
旧約聖書の解釈と倫理

旧約聖書が与える倫理的インスピレーションを考察し、旧約聖書を解釈するための方法論を探求する。
PHR238   J 3単位   第3学期  
新約聖書の解釈と倫理

新約聖書学および旧約聖書学研究諸文書を検討する。
PHR239   J 3単位   第2学期   隔年開講
神学宗教学講読

歴史と現代における神学の代表的な諸思想を取り上げ、主要な概念や方法論を学んだ上で、神学が現代社会の提出する問いにどのような取り組みをもって答えるかを模索する。
PHR240   J,E 3単位   第2学期  
日本の宗教

日本における宗教的伝統を概観し,特に日本思想と日本人の信仰の特質を明らかにすることを目指す。セクションにより開講言語が異なる。
PHR241   J 3単位   第1学期   隔年開講
アメリカの神学

アメリカの歴史と発展におけるキリスト教の諸側面について学ぶ。アメリカ建国の宗教的側面、アメリカの歴史と社会において宗教が果たす役割について考察する。
PHR242   E 3単位   第2学期   隔年開講
東洋の宗教

アジアの様々な宗教について、歴史的また局所的に考察する。特に中国、韓国、日本の宗教を重点的に扱う。
PHR243   J 3単位   第2学期  
キリスト教史 I

キリスト教,キリスト教思想の歴史的展開を考察する。原始キリスト教,中世キリスト教,宗教改革,近代プロテスタンティズム,その他。
PHR244   J 3単位   第1学期  
キリスト教史 II

キリスト教,キリスト教思想の歴史的展開を考察する。原始キリスト教,中世キリスト教,宗教改革,近代プロテスタンティズム,その他。
PHR251   E 3単位   第1学期  
ブッダ、自然、道

東アジア史における宗教的、哲学的、精神的伝統(道教、儒教、神道、仏教)を、人間世界と非=人間世界との関係に注目して調査する。本コースでは、東アジアの宗教的・哲学的伝統がどのように解釈され適用されて、人間と自然に関する現代的観念に影響を与えてきたのかを、歴史資料および同時代資料を使って考察する予定である。
PHR318   J 3単位   第3学期   隔年開講
倫理学研究

哲学研究の方法,さらに存在と本質,認識および経験等の主要な哲学的問題について考察する。
PHR319   J 3単位   第3学期   隔年開講
認識論

芸術における美について学ぶ。ミメシス理論、芸術至上主義、カント美学などを通し、美の理論の歴史を考察する。
PHR320   J 3単位   第3学期   隔年開講
形而上学

形而上学は、物事の第一原理を扱う哲学の一分野である。存在、主体性、認識、空間と時間など、抽象的な概念を論じる学問である。
PHR321   E 3単位   第3学期   隔年開講
人間論

人間を実体、知性を持つもの、行為者として捉え、人間であることの意味を哲学的な視点から考察する。人間の自由と責任の問題、また人間が形成する共同体や政治的領域について考える。
PHR322   J 3単位   第3学期   隔年開講
美学

芸術における美について学ぶ。ミメシス理論、芸術至上主義、カント美学などを通し、美の理論の歴史を考察する。
PHR323   E 3単位   第3学期   隔年開講
比較思想

西洋の伝統と東洋あるいはアジアの伝統にみられる思考パターンについて比較を行う。
PHR332   J 3単位   第1学期  
組織神学

神学・宗教学の研究方法、ならびに歴史と現代におけるその主要な論題を考察する。
PHR333   J 3単位   第2学期   隔年開講
旧約聖書の神学

旧約聖書学の研究方法、ならびに歴史と現代におけるその主要な論題を考察する。
PHR334   J 3単位   第3学期   隔年開講
新約聖書の神学

新約聖書学の研究方法、ならびに歴史と現代におけるその主要な論題を考察する。
PHR335   J 3単位   第2学期   隔年開講
キリスト教倫理

現代におけるアメリカの宗教及び倫理学を政治・社会・文化の文脈でとらえる。
PHR382   J 3単位   第2学期  
東洋思想研究

中国を中心とする倫理学の各分野についての専門的研究。担当教員の受講許可を必要とする。
PHR383   J 3単位     
近代哲学史研究

哲学の各分野についての専門的研究。担当教員の受講許可を要する。
PHR384   J,E 3単位      隔年開講
現代哲学史研究

哲学の各分野についての専門的研究。担当教員の受講許可を要する。
PHR385   J 3単位   第1学期  
組織神学研究

神学・宗教学の諸問題の特別研究。担当教員の受講許可を必要とする。
PHR386   E 3単位   第2学期   隔年開講
旧約聖書研究

旧約聖書学の諸問題の特別研究。
PHR387   J 3単位   第2学期   隔年開講
新約聖書研究

新約聖書学の諸問題の特別研究。
QCFD416   J 2単位   第2学期   隔年開講
西洋の思想 I :西洋古典学研究方法論

ギリシア・ローマ古典の代表的作品を取り上げ、哲学、宗教学、文学、考古学、歴史学、言語学等様々な学問領域の研究方法を採用して、多角的・総合的な観点から作品研究を実践する。
QCFD418   J 2単位   第2学期   隔年開講
東洋の思想 I:中国の哲学

比較文化論的視座から、東洋(日本を含む)の思想の諸問題を検討しつつ宗教・哲学の方法を考察する。
QCFD422   E 2単位   第1学期   隔年開講
キリスト教と文化 I : キリスト教的文化論

キリスト教的人間観・世界観と文化の立場との関係についての諸見解を特定の国民もしくは時代、または地域、教派などについて考察する。
QCTS508   J 2単位   第3学期   隔年開講
西洋の思想 II:西洋近代の哲学

比較文化論的視座から、西洋の宗教・哲学の諸問題を検討しつつ、宗教・哲学研究の方法を考察する。
QCTS510   J 2単位   第3学期   隔年開講
キリスト教と文化 II : 西洋近現代の宗教理論

キリスト教と特定の国民思想との出合いと影響、受容または排斥などについて、歴史的視野から考察する。
STH391   3/(9)単位   第1、2、3学期  
卒業研究

論文指導教員の指導のもとに、各自のメジャー分野に関連した主題を選び、一年間の考察・研究調査・記述の集大成として、卒業論文を作成する。第4年次に必修。